2017-12-01

和紙染のうつわが焼き上がりました!


先日開催したワークショップ「和紙染でつくる砥部焼」のうつわが焼き上がりました!




既にお手元に届いている方も多いと思いますが、皆さんの作品、とってもとっても素敵に出来上がっています。

せっかくなので、こちらでご紹介させていただきます。




























和紙ならではの雰囲気が楽しめる絵付けは、改めてものづくりの楽しさを体感できる貴重な機会だったように思います。

急いで焼いてくださった長戸製陶所の長戸さん、ありがとうございました!




2017-11-29

神楽坂暮らす。店主の愛媛来訪


先日、いつもお世話になっている神楽坂暮らす。の店主はるやまさんが、愛媛に来てくださいました!

忙しいなか、こうしてわざわざ愛媛まで来て下さるのは本当に嬉しいです。

ということで、姫だるま製作者の両村さんのところや砥部の工房、西予市のしめ飾り職人上甲さんの工房などを一緒に巡りました。




改めて巡ってみて「愛媛って広いなぁ~」とつくづく…。宇和島も東予もご案内したかったけど、とても1日では周りきれない!(涙)

そしてこのブログを書きながら、ダンディーなはるやまさんの写真を撮るのを忘れていることに気付きました。(写真の左上に写っているのがはるやまさんの手です!)


趣味の延長から始めたいま、愛媛村からの活動ですが、この道で活躍されている店主にお会いするといつも背筋がしゃんとする思いがします。そして、信念と愛情を持って地道に続けていくことの大切さに気付かされます。職人さんたちがそうであるように、急がずにわたしも1歩1歩、がんばっていきたいです。

はるやまさん、ありがとうございました!


2017-11-19

和紙染ワークショップ(2回目)開催しました


11月13日(月)、2回目の「和紙染でつくる砥部焼」を開催しました。今回は午前中の開催でしたが、愛媛県内から13名の方が参加してくれました。




先ずは、講師の長戸さんに和紙染をレクチャーしてもらいながら、手順や注意することなどを確認します。

そして、それぞれ絵付けするデザインを考えていきます。




悩みながらじっくり考える方、すいすいと感覚的に手が動く方、図版や本をみながらパッとひらめく方、お友達とお話ししながら思いつく方、人それぞれいろんなタイプがありますが大切なのは焦らないこと。




長戸さんが、参加者に寄り添いながら優しく声をかけていきます。
その対応を見ながら、ものづくりはやっぱり「人」なんだなぁ~と改めて感じました。




そして、いよいよ絵付けへ!
ワクワク・ドキドキしながら、カットした和紙に絵の具をのせていきます。





あっという間の2時間でしたが、こんな素敵なうつわたちが出来上がりました!

お名前の「の」をアレンジ

愛嬌たっぷりなワンコ

クリスマスにぴったりなモミの木

仲良しな3人組で華やかなお花柄

家族を思いながら描いた小鳥たち

シンプルで素敵な弓矢

裏面の名前のところは的に!

たっぷりの愛情を込めたかわいいフクロウ


そして今回は、ふとした瞬間に、筆から絵の具がポタッとお皿に落ちてしまったという方が何人かいたのですが、そのアクシデントをなんとデザインに活かしてしまうという凄技の力作も生まれました!

先ずは、親子で参加してくれたHさん。したたり落ちた絵の具が、まるで雪のように。臨機応変な方向転換にアッパレです!





そして今月、湊町にパン屋さんをOPENしたMさん。アクシデントがあったとは到底思えない、アーティスティックな仕上がりに!さすが料理人!ピンチをチャンスに変える力、わたしも見習いたいです。




絵付けが終わった後は、長戸さんに砥部の文様の歴史や、長戸製陶所の取り組みについてお話を伺いながら、歩音の美味しい珈琲でブレイクタイム。ハンドドリップで淹れた美味しい珈琲に、心がホッと休まります。




今回も、皆さんのお陰で、楽しく濃厚な時間を過ごすことができました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!焼き上がりが楽しみですね。もう少しお待ちください。



2017-11-06

和紙染ワークショップの様子


先日開催した「和紙染でつくる砥部焼」ワークショップの様子を、新聞やテレビで取り上げていただいたので、こちらでご紹介します。

10月31日の愛媛新聞。
焼き上がりを楽しみながら、つくっていただいた様子が伝わります。




南海放送では、30日の夕方のニュース「チャンネル4」で、当日の様子を放映してくださいました。








テレビや新聞を見逃したという方のために、少しだけ載せてみました。

取材していただいた関係者の方々、取材にご協力いただいた参加者の皆さん、ありがとうございました!